感染症拡大防止対策について

国民宿舎両神荘では、感染症の拡大防止とお客様に安心してご利用いただけ
るよう様々な対策を行っています。お客様にはご迷惑とご不便をおかけします
が、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

①検温の実施 フロントで非接触式体温計を使用した検温を実施しています。
体温が37.5度以上の発熱や風邪症状が認められた場合、保健所の指示に
従いご宿泊をご遠慮いただく場合がございます。また、パブリックスペ-
スでは、お食事中を除きマスクの着用をお願いしております。


【お客様へのお願い】
・ご旅行前には検温チェックを行っていただき、発熱がある場合や風邪症状が
見られる場合には、ご旅行をお控え下さい。
・ご旅行中には「新しい旅のエチケット」(国土交通省)をご実施ください。
「新しい旅のエチケット」パンフレットはフロントにもご用意しております。
・検温、本人確認、3密回避策をはじめ、感染予防に関してご理解とご協力を
お願いいたします。
                                           

②消毒液の設置
玄関、フロント、レストランなどに消毒液を設置していますので、ご利用を
お願いいたします。

③消毒の実施
ドアノブ、扉、手すり、リモコン、スイッチ、ボタンなどお客様がふれる
機会の多い場所の消毒やふき取りを行っています。

④従業員のマスク着用
お客様と従業員の健康と安全のため、従業員がマスクを着用しています。
また、従業員の出勤時には検温を実施し体温が37.5度以上の場合や
体調が優れない従業員は就業を禁止しています。

⑤飛沫感染防止シ-トの設置
フロントなどには飛沫飛散防止のための仕切りを設置しています。

⑥レストラン
テ-ブルとテ-ブルの間はできるだけ間隔を保つように配慮しています。
また、お食事は定食主体の個別料理をご用意しています。ご飯やみそ汁
などのセンタ-テ-ブルのお料理やお飲み物をお客様にお取りいただく
際には、備え付けのエンボス手袋の着用をお願いしています。また、
チェックイン時にご夕食時間、ご朝食時間をお伺いさせていただきます。

⑦宿泊人数、日帰り入浴の制限
館内の混雑防止のため、当面の間、1日のご宿泊人数は宿泊定員の
約70%(120名様)までに制限をして予約をお受けしています。
また、温泉大浴場の混雑が予想される場合には、日帰り入浴の受付
を制限させていただきますので、ご了承をお願いいたします。

「新しい旅のエチケット」国土交通省     https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001349264.pdf

 

 

こちらの情報は2020年07月20日に作成されました。
最新の情報と異なる場合もございますので、事前にご確認ください。
過去の情報を見る