ジオパーク秩父で夏休みの自由研究を!

こんにちは、夏休みの自由研究はほぼ親任せだった、
フロント担当の鈴木です(汗)良い子の皆様はマネしないでください!

8月も中旬になり、お子様達の夏休みも後半となりましたが、
子供の頃の私と同じようにまだ自由研究が終わってない…(笑)
というお子様はいないかと思いますが、
もし終わってないという方には都内からも近い【秩父】がオススメ!!

秩父は日本ジオパークに認定された自然が息づく土地で
ジオ(Geo)とは、「地球、大地」という意味で、
ジオパークとは、科学的に見て特別に重要で貴重な、あるいは美しい地質遺産を
複数含む自然公園、いわば「大地の公園」のことをいいます。

秩父は、はるか昔は海の中だったと判明しており、
長い年月を経て形作った秩父の大地はまさに自然の芸術、
地質として特に秩父は近年注目されているんですよ!

地質と聞くと少し難しい感じがしますよね…(^^;
お子様でも興味が湧くものとしては【化石】なんていかがでしょうか?
秩父地域では海だった頃の生物の化石が見つかっております!
かつての生息していたと思われる生物や化石などがご覧いただける
スポットをご紹介いたします!

おがの化石館

休暇村グループの公共の宿 国民宿舎両神荘 おがの化石館

化石館では、近くで発掘された世界の奇獣と呼ばれる「パレオパラドキシア」や
新種として認定された「チチブサワラ」、町内外から産出の化石などを展示しております。
ジオパーク関連の展示も充実しています。
化石のレプリカづくりなどのワークショップも開催されておりますので、
学校の校外学習や自由研究にも最適です。

住所 :小鹿野町下小鹿野453
電話番号:0494-75-4179
料金: 中学生以下1人200円、大人1人300円
営業時間 :AM9:00~PM5:00
定休日 :火曜日

埼玉県立自然の博物館

休暇村グループの公共の宿 国民宿舎両神荘 自然史博物館

秩父鉄道上長瀞駅から徒歩5分。秩父郡長瀞町にある自然史博物館です。
1500万年前、秩父盆地が海だった頃に生息した巨大ザメ「カルカロドン メガロドン」
の復元模型や海獣「パレオパラドキシア」の骨格標本をはじめ
秩父地域に生息する生物などが展示されています。
企画展やイベントなども色々と開催されております!

住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話番号:0494-66-0404
開館時間:9:00~16:30 (入館は16:00まで)
    ※7、8月は、9:00~17:00 (入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日・7、8月は開館)12/29~1/3、他臨時休館あり
料金:一般 200円/高校生・大学生 100円/中学生以下無料
   団体(20名以上)一般120円/高校生・大学生60円

是非、自由研究を兼ねた旅行などにご利用ください!

こちらの情報は2019年08月16日に作成されました。
最新の情報と異なる場合もございますので、事前にご確認ください。
過去の情報を見る