歴史ロマンたっぷり「上時国家」

能登が誇る最大級の古民家・「上時国家」

当館からは車で約一時間ほどのところにある実に立派な茅葺きの大邸宅です。

こちらの時国家は能登に流された、かの平清盛の義弟・平時忠の子「時国」を

始祖とする庄屋も務めてきた由緒ある旧家でございます。

※ちなみに平時忠はあの「平家にあらずんば人にあらず」と言った人で、

大河ドラマで森〇剛さんが演じた人です。

現在の邸宅は江戸時代後期に名工の手により30年近く(!)もかけて建てられたもの。

とにかくスケールがスゴイ!入ってから見所の連続です。

まず大納言の間という格式の高いお部屋を覗いてみると、

・・・なんで天井が金箔で縁取られてるのかな??

しかも漆塗りの格子天井って、めちゃくちゃ豪勢・・・。

ちなみに襖には平家定紋の揚羽紋が金の箔押しで描かれてます。

大庄屋さんとはいえ農民ですよね??

欄間も一つ一つがまぁ芸術作品。

実は襖の引き手すら全てに細かい彫刻が施されていたりします。何なのもう。

そして室内もスゴイが外も凄かった。廊下から見た景色がこちらになります。

同じ農家の庭でも我が家(由緒正しき庶民農民)と全然違う。

鎌倉様式で造られたお庭のなんと居心地のいいことか・・・

座布団1枚さえあれば一日中この縁側にいられるかもしれない。

邸宅内を進んでいくと、時国家の人たちが所有してきた民具や貴重な資料が

色々展示してあります。民俗学とか好きな人間にはたまりません。しかし、

日常品のなかにしれっと立派な甲冑が展示してあるのが流石すぎます。

他にも梨地の超豪華な「弁当箱」や、今まで見てきた中で最大級の「神棚」、

そして四つも連なりつるされている駕籠などなど。

思わず色々突っ込んでしまいたくなるスケールが大きい日常品の数々。

他にもてんこもりで展示してあったのですが、ぜひご自身で見て頂きたい。

そして最後に見た広々とした土間。そこの片隅にひっそりと展示してある高札が。

ご、五榜の掲示だーっ!!!

日本史の教科書で見たやつ!それがなんと現物が目の前に!!

しみじみと時国家の連綿と続く歴史に感じ入りました。

能登の歴史ロマンを感じられる「上時国家」、オススメでございます。

※注意! すぐ近くに分家の「時国家」もございますが、そちらは現在

改修工事のため閉館となっていて観覧はできませんのでご注意を。

;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;*
奥能登観光に便利な立地!天然温泉と全室オーシャンビューの絶景が自慢
穏やかな七尾湾を眺めて過ごす贅沢な休日をお約束します
【石川県】休暇村グループ 公共の宿 
国民宿舎 能登小牧台 https://www.qkamura-s.com/omakidai/
*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;*

こちらの情報は2020年07月17日に作成されました。
最新の情報と異なる場合もございますので、事前にご確認ください。
過去の情報を見る