音戸の瀬戸名物 その2

〔渡し船・舟唄〕

音戸の瀬戸は、狭くて潮の流れがとても速く行き交う船の多さで有名です。

真っ赤なアーチ型の音戸大橋が二つ(第一・第二)架かっていますが、

その下を〔日本一短い航路・定期航路〕が、運航しているからです。

その名は、〔かもめ号〕〔つばめ号〕

 

幅は、北口で約200m、南口の狭いところで約80m。

その中ごろの幅約90mを、片道3分で結ぶ〔渡し船〕です。

この渡し舟、時刻表はなくて、一人でもお客さんがいたら(対岸に見えたら)来てくれるのですって!

便利でありがたいですね (^^♪

橋が架かっていても、渡し船は人や自転車にとっては、無くてはならないものです。

因みにこの渡し船の民謡〔音戸の舟唄〕は、

日本三大舟唄の一つ呉市の無形文化財』となっています。

三大舟唄    淀川三十石船舟唄(大阪府)

       最上川舟唄(山形県)

      ♬音戸の舟唄(広島県)

毎年1月に、全国大会音戸まちづくりセンターで開催されます。

(令和3131日開催予定だった第14回大会はコロナ悪化の為中止)

 

~~~ 広島県呉市 瀬戸内の絶景リゾート グリーンピアせとうち ~~~

〇多島美が織りなすオーシャンビュー
〇瀬戸内の旬の味覚、広島の郷土料理に舌鼓
〇瀬戸内海の心地よい潮風を感じながら、お友達やご家族で楽しめるアクティビティー満載
――――
 しまなみエリアのど真ん中 広島観光の拠点に ――――
ご予約・お問い合わせ
グリーンピアせとうち
広島県呉市安浦町三津口326-48
TEL: 0823-84-0262
HP: https://www.qkamura-s.com/gp-setouchi/

こちらの情報は2021年04月29日に作成されました。
最新の情報と異なる場合もございますので、事前にご確認ください。
過去の情報を見る