HOME 新着情報 両神荘の周辺も色々な花が咲き始めました。
両神荘の周辺も色々な花が咲き始めました。

こんにちは。フロントの加藤です。

暖かい日が続いて春らしい季節になりました。

両神荘の周辺では、芝生広場にある紅梅がもうすぐ満開になりそうです。

 

休暇村グループの公共の宿 国民宿舎両神荘 紅梅

裏斜面には、「アズマイチゲ」と「カタクリの花」が見られます。

アズマイチゲは、キンポウゲ科イチリンソウ属の植物で3月から5月頃に落葉樹林のふちや草原、山麓の土手などに生える多年草です。

高さが15㎝から20㎝になり花は、直径2㎝から3㎝の白い色の花が咲きます。

 

休暇村グループの公共の宿 国民宿舎両神荘 アズマイチゲ

 

カタクリの花は、高さが10㎝から15㎝になり直径4㎝から5㎝の薄紫色の花が咲きます。

晴れている日には、花びらが開き反り返り夕方には閉じてしまいます。くもりの日や雨の日は、花は開かず閉じたままです。

まだ蕾ですが暖かい日が続けば来週ぐらいには咲き始めるかも・・・

 

 

休暇村グループの公共の宿 国民宿舎両神荘 カタクリの花

 

ぜひ、ご宿泊の際には、天気が良ければ散歩にお出掛け下さい。

お知らせ のお知らせ | 2021.3.17
月別の記事
各宿の記事

休暇村グループの公共の宿 デジタルパンフレット

Q会員様及びQ’s倶楽部会員様限定特典

休暇村グループの宿フェイスブック休暇村