HOME 新着情報 地域密着過ぎるオモシロ小説
地域密着過ぎるオモシロ小説

何気ない町の風景も、ある切っ掛けで印象深く映ることも。

そのなかの一つが小説などの舞台になっている場所!

もちろん石川県もいくつか舞台になった作品がありますが、

あまりにもどマイナーかつ生活臭溢れる地域描写にあっけにとられた作品があります。

それは『恋文の技術』!

タイトルを聞いたことがある方もいるかもしれません。作者はあの森見登美彦先生!

四畳半神話体系や夜は短し歩けよ乙女などの作品で知られる売れっ子作家さんです。

話は主人公・守田(京都から能登へ送り込まれてしまったクラゲ研究者。)くんの

手紙という内容。まあこれがオモシロイ。読みやすいわテンポがいいわ!

更に地元民しか知らないんじゃないの?レベルのスーパーやら、

駅前の某有名ドーナツ屋やら登場しまくり・・・余りにもそのまま書かれていて思わず

「え?作者七尾市民???」となるほど。

ぜひぜひ能登へお越しの際は一読してみて頂きたい愉快小説でございます。

ちなみに小説は文庫化されいて、ポプラ文庫から発売されています。

文庫片手に町を散策するのもまたオモシロイと思います。

;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;*
奥能登観光に便利な立地!天然温泉と全室オーシャンビューの絶景が自慢
穏やかな七尾湾を眺めて過ごす贅沢な休日をお約束します
【石川県】休暇村サービスの公共の宿
国民宿舎 能登小牧台 https://www.qkamura-s.com/omakidai/
*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;:*★*:;;;;;*

 

お知らせ のお知らせ | 2019.5.17
月別の記事
各宿の記事

休暇村グループの公共の宿 デジタルパンフレット

Q会員様及びQ’s倶楽部会員様限定特典

休暇村グループの宿フェイスブック休暇村