HOME 新着情報 活気あふれる中華街といえば南京町でしょ!
活気あふれる中華街といえば南京町でしょ!

【南京町の豆知識】

南京町の歴史は神戸開港で中国から移住した人々が、飲食店などを創業したと

伝えられています。神戸大空襲で全焼したが、昭和50年代に南京町商店街

振興組合を設立。日本有数の中華街に成長したのです。

南京町では肉まんではなく「豚まん」と呼びます。

1日13,000個売る「老祥記」の豚まん1個90円。オーダーは3個から

肉汁たっぷりの出来立て熱々をほうばろう!

お知らせ のお知らせ | 2017.10.23
月別の記事
各宿の記事

休暇村グループの公共の宿 デジタルパンフレット

休暇村グループの宿フェイスブック休暇村