須磨寺も紅葉しています。

淳和天皇のころ(823から833年)に漁師が和田岬沖で聖観音像を引き上げ、会下山の北峰寺に安置していたのを

886年に聞鏡上人が須磨に地へ移したのが始まりとされています。

境内には子規、芭蕉、山本周五郎などの文学碑も点在しています。

わらべ地蔵でほっこりしよう。

さらに頭を触ると動くユニークな5猿

左から見ざる、言わざる、見てござる、聞かざる、おこらざるなのです。

源平ゆかりのお寺なのです。フロント I

こちらの情報は2017年11月13日に作成されました。
最新の情報と異なる場合もございますので、事前にご確認ください。
過去の情報を見る