能登の冬の風物詩!海辺に舞う幻想的な花吹雪!~波の花~

波の花とは海中のプランクトンが荒波によって、岩場に何度も打ち当たることで

白い泡となり、花吹雪のように空高く舞い上がる現象のことです。

岩場、高波、強風、低気温といった条件が揃うことで現れる波の花は、冬の荒々しい

日本海に面した能登ならではの風物詩。この光景は美しく、能登に来たからには

見逃せない光景の一つです!

休暇村グループの公共の宿 能登 夏休み 早得 夏得 中島町 七尾市 能登小牧台

= ここからが、本音や意見 =

おっちゃん「外海だな。見てたら風が強くて寒いぞ。」

若い衆「車に着いたら、洗わないと・・・」

お子様「海が泡立って、洗濯しているみたい」

などなど・・・

でも、空に舞う海の花(泡)は、不思議で神秘的な光景ですよ。

 

奥能登観光に便利な立地!天然温泉と全室オーシャンビューの絶景が自慢
穏やかな七尾湾を眺めて過ごす贅沢な休日をお約束します
【石川県】休暇村サービスの公共の宿
国民宿舎 能登小牧台 http://www.qkamura-s.com/omakidai/
担当/白川

こちらの情報は2017年11月26日に作成されました。
最新の情報と異なる場合もございますので、事前にご確認ください。
過去の情報を見る