観光情報

榛原は、室生寺と長谷寺の中間に位置し、古くは伊勢街道の宿場町として栄え、また室生、赤目、青山国定公園を東海自然歩道で結ぶ観光地として栄えてきました。 室生火山群の外輪山の美しい山容を間近に望み、落ち着いた雰囲気と古代日本の数々の伝説を残る山里の風景は、まさに絶景です。

フロントに観光パンフレットなどをご用意しております

美榛苑のフロントには地元の観光パンフレットなどを各種ご用意しております。 また、各観光施設への行き方なども、お気軽にフロントスタッフへお尋ねください。

周辺の観光名所

平成榛原子供のもり公園 ゆうゆう

森の館ではアトラクションなどがあり、 一日中楽しめる公園です 子供たちが自然の中で、安全で楽しくのびのびと遊んだり、様々な活動ができるよう工夫がされています。 子供からお年寄りまでいろいろな交流や対話の場所として、また、各エリアでの遊びや学習などで、充実した一日をお過ごし下さい。

室生寺

日本で一番小さく「可憐」と形容される五重塔 女人禁制の高野山に対して、女性の参拝をゆるしたため「女人高野」ともよばれます。 伽藍や本堂をすぎた山ふところに、シャクナゲの石段、その上にはあっけないほどに小さな五重塔があります。

DSC_0161

長谷寺

登廊沿いに咲く7000株もの牡丹の寺 名のごとく季節には399段の登廊の両側は満開のボタンで壮観です。本堂は高さ8mの十一面観音立像。 山腹に70余りの堂宇をかかえる西国第8番の札所です。

DSC_0091

鳥見山公園

春はつつじ、秋は紅葉、 そして展望台からの眺めは絶景 鳥見山(735m)の頂上近くにあって、勾玉池を中心とする高原状の自然公園で神武天皇聖地伝承地の顕彰碑等がたくさんります。 また春は数千本のつつじの名所として知られ、秋の紅葉とともに有名です。

DSC_0052

戒長寺

県天然記念物のオハツキイチョウの巨樹の 紅葉がすばらしい 藤原時代に隆盛を極めた9体の藤原仏の安置があります。またわが国唯一といわれている十二神将を刻んだ銅鐘や県天然記念物のオハツキイチョウ、ホオノキなど見どころが多くあります。

仏隆寺

樹齢900年の古い桜の美しさ 室生寺の南門ともいわれ、山門につづく石段は「大和三名段」のひとつにもあげられています。 また大和茶発祥の地といわれ、空海が帰朝のおり持ち帰った種子を高弟堅恵が栽培したのがはじまりとか。

高井の井戸杉

根回りが35mもある日本最古の井戸杉 根幹は16本の吉野杉が集まって1株のようになったもの。株元に古い井戸があることから、杉が自然に水を集める作用を利用した日本最古の井戸杉ではないかといわれています。

宇太水分神社

頼朝杉ともよばれている大杉や 樹齢500年といわれる欅の大樹 速秋津比古神(はやあきつひこのかみ)、天水分神(あめのみくまりのかみ)、国水分神(くにのみくまりのかみ)の水分三座が祀られています。崇神天皇の時代にはじまるとも、垂仁天皇の時代に神託によって社殿をかまえたとも伝えられています。

松山伝統的建物群保存地区

水路流れる商家町の独特な景観を楽しめます 宇陀松山は宇陀山地に位置し、古城山の西側と宇陀川の間に南北に細長く展開しています。城下町から商家町として発展した町並みには前川と呼ばれる水路が走り、せせらぎの音とともに独特な景観をつくりだしています。 地区内の伝統的景観を構成する要素として、町家・洋館・社寺建築・土蔵・石碑・門・塀などがあり、これらが広範囲にわたって分布しています。

DSC_0111